中学受験の算数④

一心塾 目指せ御三家・難関校!

中学受験の歴史が浅いのでこうなってしまいます。親御さんも中学受験の経験がないことが多く、情報に対する免疫もできていないので、振り回されます。大手塾や受験産業の言うがままになります。

今回、以下の内容を書いているのは、四谷大塚の、6年生のテキストの評価のためです。

個人差もありますが、おおむね、そこそこできる子を軸に書いていますので、ご参考になさってください。
四谷大塚予習シリーズ6年生上算数・・・・意外に、簡単。5年生上下をきちんとやってると、大丈夫です。似たような問題がいっぱい。
6年生下算数難関校・・・意外に、理科に比べれば、簡単。そんなに、レベルが大幅に高いわけではありません。
6年生理科難関校・・・あまりにも難しくて、無理です。有名校用がちょうどいい感じです。これをやりながら、上を参考にするのがいいと思います。
6年生社会・・・説明が多いので。これも無理。
6年生社会難関校・・・メモチェやってれば、大丈夫です。ただ、解説とか、ちゃんと読んで知識を獲得してください。これも、上を肉付けするといいと思います。
おそらく理科と社会は、ほかのいい問題集をやるときに、参考として使うのがいいと思います。

参考までに、四谷大塚の5年の理科社会は悪くはないですが、あまりにも量が多く、コンパクトにまとまってる、メモチェにはかないません。メモチェのほうが使いやすいです。また、メモチェの社会最初から、漢字まで子供に強制すると、時間がかかりいやになってしまいます。口頭試問で、何度かやって、足りないなら、漢字を書かせます。何度もやっているうちに漢字もだんだん覚えるものです。直前でも、とにかく、言えるようにしたほうがいいと思います。漢字で書かせる問題があったとしても、訓練の時間がなければ、漢字は捨てて、口頭試問で流れをつかみましょう。

算数から話しが逸れてしまいました😅

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる