中学受験の算数は難しい①

一心塾 目指せ御三家・難関校!

算数は、中学受験の根幹ですから、 算数ができないとかなりしんどいです。
日能研やサピックスなどの塾は、 上位者のための塾ですから、 正直、8割がたの生徒は置いてきぼりになっていると思います。
親が塾を選ぶときの基準は、合格実績で選びますから、 塾は、上位校の合格事績を重視します。 駅を降りると、今日、東進スクールの、広告がありました。 今年は東大に○○○人合格したとか。すごい数ですね😅 東大にいっぱい入っているから、うちの子も、 ということです。
もちろん、数字だけで、昔は、 模試受けただけで、予備校の内部生徒になった時代もありましたから、 基準はよくわかりません。 調べようもありませんし。

中学受験の塾も、御三家の合格実績がウリです。 うちの子も、と思って入っても、 よくわからない算数の先生が、 よくわからない授業をするので、 子供はさっぱりわかりません。 特殊算がいっぱいありますが、 子供にはチンプンカンプンです。 最初はやる気があるので、親子ともども頑張りますが、 すぐに挫折します。
小学校のクラスでは、そこそこできる自分が、 全く歯が立たない。 ところが、塾の上のクラスにいっぱい人がいて、 模試の結果を見ると、 自分には手も足も出ないような問題を、 満点近くとっている人がいる。
少なくとも授業がつらい。 国語や社会は、何とか暗記だからわかるが、算数だけはだめだ。
こういう場合、どっかで立ち止まって考え直すしかありません。

選択としては、 ①あきらめて、高校受験科大学受験で勝負する。 これが、一番現実的かもしれません。 大学受験だと、私立は数学はありませんから、 理系が苦手の人は、ここがいいと思います。 英語や社会などの暗記科目ができない理系の人を教えるのは、 暗記ですから何とかなりますが、数学や算数は、 生まれつきの部分が多いので、なかなか、大変です。
②何とか頑張る。 まあ、塾も言ってるんだから、最後まで頑張んないとと、親は思うのだと思います。 こっちの道は厳しくて、 まずふつうは、塾の塾長に相談になりますが、 塾長は商売なので、 絶対に大丈夫で、もっと、たくさんコースを取るように言います。 たいてい親は騙されて、どっかで気が付きます。 たいていの場合、よほどのことがない限り、入塾時の成績がすごく上がることは、ありません。

授業は楽しく,実力アップ。
岡崎式繰り返し勉強術で目指せ御三家・難関校!
大手塾でうまくいかなかった子も集まれ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる