成城学園2020物語文・楽しいお話

一心塾 目指せ御三家・難関校!

一般人にもわかりやすい芸術論が展開されます。
それも物語文で・・・
才能にあふれた主人公は
ブラスバンドの練習で、唯一、正しい速さで吹くので
他から浮いてしまいます。
プロのホルン吹きの先生が
たまたま外部からやってきていて
才能に気づき、導くという
心温まるストーリー展開です。
一般人は、僕もそうですが
楽器もできないし
音符の読めません。
はもれませんし。。。。^^
が、こういう話は好きですね。
先日やった将棋の話みたいに
まどろっこしくない・・・
物語文は
筆者の思想を伝えるものではなく
読者をストーリー展開で
楽しませるのが正義だと思いますし
それが、子供たちの国語力を上げる大事な要素だと思います。
楽しいから進んで読めますね^^


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる