過去問の合格最低点と、模試の合不合・塾の偏差値と、どちらが信用できますか?

一心塾 目指せ御三家・難関校!

これに反して、過去問は、まさに、その学校の問題で毎年レベルも、かわらないし、受験者も大体同じレベル、出題傾向もめったに変わりません。
電流が出るとこは出ますし、例えば、鴎友の算数は、毎年、図形の、比が必ず出ます。

そこで、合格最低点が取れれば、大まかな概算である、模試や、塾の偏差値よりは、合格の判定基準としては、正しいということになると、思っています。
逆に、合格最低点が取れなければ、厳しいということです。あまりに低いと、志望校を見直すべきですし、あまりに高いと、志望校を上げるべきです。(その学校がどうしても気に入っている場合を除いて)

ただ、過去問は、親の監視の下、時間測ってやってください。過去、親任せにしたら、答えを写して異常な点数・・・合格最高点を100点くらい上回った生徒がいました。
この期に及んで、ずるする子もいます。意外と罪悪感はないかも。
以前、「お母さんが怖いから、代わりに、模試受けてくれないか?」と、真顔で言われたこともあります。

あと2か月を切りました。
早い生徒は、1月には試験が始まります。今やるべきことは、今までの知識の整理です。

と言って、特別なことをする訳ではなく、今まで使ってきた教材を、さらに、充実させる時期です。
基礎は固まりました。果実を収穫しましょう!
過去問をやって、自分の知識をさらに、確認し、また、できなかったところ、知らなかったところは知識をどん欲に広げてください。

繰り返さなくていいのは、国語の読解くらいです。過去問で、今自分がいる場所と、志望校の距離を測ってください。最低点を上回ったら、自分がやってきたことは、間違ってなかったということです。慢心せず、合格最高点を目指しましょう。

出来が良ければ、もう一歩上の志望校にチャレンジするチャンスかもしれません。
基礎さえしっかりしていたら、あと2か月で、もっともっと伸びます。

勉強が楽しくなってくるはずです。一心塾は、この時期のことも念頭に置いて、生徒との出会いから、指導してきたのです。
健闘を祈ります。

書き忘れました。大手塾の先生が過去問の合格点を否定し、合格不合格や、自分の塾の偏差値を、判定基準にしたがるのは、過去問で最低点を上回っていれば、もう、塾に行く必要がなくなるからだと思います。
すでに実力がついたのであれば、自宅で過去問と、今まで使ってきたテキストを繰り返すだけでいいので冬期の直前講習に行く必要もなくなってしまいます。
今まで何度も書いてきましたが、塾はお子さんの学力を上げるのが目的ではなくてお子さんから、月謝を取るのが目的です。
いつも思うのは、親御さんが、必死に、塾長にかみついても、直前までもっと、講座を増やしましょう。なんとかなります、ということ。

本音では、絶対無理と思ってはいても、会議で、普通の塾長は、講座の数、在籍者数で社長?に叱られます。
一心塾の場合は、正直に言うほうですが、絶対無理とわかっていて、早慶に合格させますなんて言う人もいます。夢を見たいのはわかりますが、6年生の子の直前には、現実が圧倒してきて、親御さんも四の五の言えなくなってきます。

だから、本当は、最初から、過去問の合格最低点を目指してやってくるべきだったのです。目先に振り回されず。ほかの、生徒も関係ありません。ママとの情報も関係ありません。
ご自分のお子さんが、過去問で連続して、合格最低点をクリアできるかが勝負です。

一心塾は、お引き受けした時から、それを願って、ご指導しているつもりです。
知らない者同士が、一緒に戦うのですから、わかってもらうためには、時間がかかります。

実際は、高校受験も大学受験も同じです。偏差値より、過去問・・・・
大学受験は、赤本の合格最低点が一番大事です。

健闘を祈ります。

授業は楽しく,実力アップ。
岡崎式繰り返し勉強術で目指せ御三家・難関校!
大手塾でうまくいかなかった子も集まれ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる